スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google、スマホアプリで広告の誤タップを防ぐ仕組みを導入

Google がスマートフォン向けの画像バナー広告に、誤クリックで広告ページを訪れてしまうことを防止する「Confirmed Click」の仕組みを導入したとEngadgetが伝えています。

887d42d8.jpg

Confirmed Clicks は、「 アプリコンテンツとの境界近くをタップした場合、「サイトを訪れる」ボタンが現れて意図を確認する」仕組みだそうで、誤タップによる広告出稿主への課金を防ぐが狙いのようです。

これまでのスマートフォンアプリは、広告バナーの付近にユーザビリティボタンや高頻度タップボタンを配置するなどして広告タップ率を上げるのが主流となっていました。

誤タップをさせればさせるほど効果も上がる、といった発想すらトレンドになっていたのですが、今回のGoogleの変更により広告の概念が従来のものに戻っていくのかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク


プロフィール

中目黒ホルモン

中目黒ホルモン
独自の視点でチョイスしたニュースをお届けする、フィルター系ニュースブログ!
ネットで話題の最新ニュースから、くすっと笑っちゃうニュースまで、独自の視点&切り口でお伝えします!

フリーワード検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
173位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。